椅子の基本

目次

公式ドキュメントの意訳

公式ドキュメント

ユーザーを座れるようにするコンポーネントです。多くの場合、VRC_Triggerと合わせて使用されます。サンプルはSDK内のVRCChairです。

このコンポーネントは、ワールドとアバターに使用可能です。

パラメーター :

  • Player Mobility – ステーションに座っているプレイヤーが移動できるかどうかを指定します。
    ┠ Mobile : ステーションに座ったユーザーは座標を移動できます。
    ┠ Immobilize : ステーションに座ったユーザーは座標を移動できません。
    ┗ Immobilize For Vehicle : Immobilizeと同様ですが、移動するステーション向けです。 
  • Can Use Station From Station – 既にステーションに座っているユーザーが、他のステーションに直接座れるかどうかを指定します。
  • Animation Controller  – 既定の着席アニメーションを上書きします。オプション項目です。
  • Disable Station Exit – ユーザーが通常の手法で離席できなくなります。離席にはトリガーを使用してください。
  • Seated – ユーザーを着席させる場合、チェックすることで最適化が行われます。
  • Station Enter Player Location – 着席時のユーザーの移動先を指定します。
  • Station Exit Player Location – 離席時のユーザーの移動先を指定します。
  • Controls Object – 車両などの操作可能なオブジェクトを使用する場合に指定します。
パラメーター(VRC_Station)

同一ゲームオブジェクトで使用可能なトリガー :

  • OnStationEntered – ステーションに着席した時。
  • OnStationExited – ステーションから離席した時。
トリガー(VRC_Station)

トリガーを介して使用可能なアクション :

  • UseStation – ステーションに着席する。
  • ExitStation – ステーションから離席する。
アクション(VRC_Station)

アバターに入れる場合

Player Mobility を Immobilize For Vehicle にすることで、アバター移動時のブレが抑えられます。

また VRC_Trigger はアバターには使用出来ません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA