座ると踊る椅子

この記事の見方

  • “Hierarchy” 等のように ” ” で囲まれた物は、ウィンドウ名を指しています。
  • 『ChairRoot』等のように『』で囲まれた物は、ゲームオブジェクト名を指しています。

必要なもの

  • VRCSDK
  • 躍らせたいアニメーション
  • Final IK

作業手順

  1. 椅子のゲームオブジェクトの作成
  2. アニメーションファイルの追記編集
  3. アニメーターファイルの作成
  4. VRC_Station の設定

1.椅子のゲームオブジェクトの作成

  • “Hierarchy” で『椅子用のオブジェクト(以下:ChairRoot)』を作成
  • “Hierarchy” で『アニメーション編集用の空のゲームオブジェクト(以下:EditTemp)』を作成
  • 『ChairRoot』の “Inspector” で、AddComponent から VRC_Station を追加
  • 『ChairRoot』の “Inspector” で、AddComponent から VRIK と Full Body Biped IK を追加

2.アニメーションファイルの追記編集

  • “Project” 内の用意したダンスアニメーションファイル(以下:ダンスAnim)を、”Hierarchy” 内の『EditTemp』に D&D で適用
  • “Animation” を開き、”Hierarchy” で『EditTemp』を選択
  • “Animation” で AddProperty から、VRIK の Enabled と Full Body Biped IK の Enabled のプロパティを追加
  • 上で追加した二つのプロパティを、アニメーション中に常にオフになるようにする
  • “Project” で ダンスAnim を選択し、”Inspector” で Loop Time にチェックを入れる。

3.アニメーターファイルの作成

  • Assets/VRCSDK/Example/Sample Assets/Animation から、AvaterControllerTPose.controller を作業フォルダにコピー
  • ”Animator” を開き、TPose を選択
  • “Inspector” の Motion をダンスAnim のファイルに差し替え

4.VRC_Station の設定

  • “Hierarchy” で『ChairRoot』内に、『空のゲームオブジェクト(以下:Location)』を作成
  • 『ChairRoot』の VRC_Station の Animation Controller の項目に、先ほどコピーして書き換えた AvaterControllerTPose.controller を指定
  • 『ChairRoot』の VRC_Station の Station Enter Player Location と Station Exit Player Location に『Location』を追加

作業終了後、『EditTemp』は削除して構いません。

この記事には以下の記事からの引用・意訳が含まれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA