座ると小さくなる椅子

※この記事は座ると踊る椅子の参照を前提としていますが、Final IK は不要です。VRIK と Full Body Biped IK に関する項目は読み飛ばしてください。

必要なもの

  • VRCSDK
  • 着席のアニメーション

作業手順

  1. 座ると踊る椅子と同じ
  2. アニメーションファイルの作成
  3. 座ると踊る椅子と同じ
  4. 座ると踊る椅子と同じ

2.アニメーターファイルの作成

  • “Project” 内の用意した着席アニメーションファイル(以下:着席Anim)を、”Hierarchy” 内の『EditTemp』に D&D で適用
  • “Animation” で AddProperty から、Transform の Scale のプロパティを追加
  • Scale の XYZ それぞれの値を、アニメーション中に常に縮小(もしくは拡大)したい倍率に設定する
  • “Project” で 縮小Anim を選択し、”Inspector” で Loop Time にチェックを入れる。

作業終了後、『EditTemp』は削除して構いません。

※もしここで VRIK と Full Body Biped IK の設定を加えた場合、着席したアバターはプレイヤーの手や頭のトラッキングをしなくなります。ポーズを固定したい場合は Final IK を使用してください。

この記事には以下の記事からの引用・意訳が含まれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA